KANACANADA

昨年9月からの8ヶ月間カナダに行ってきた、プロのイラストレーター志望のブログ。

いざ、一人ダウンタウンのススメ

こんにちは。先日、洗濯の仕方をホストマザーとファザーから教わりました。スイッチ入れて洗剤入れるだけだったので簡単でした。乾燥機も使わせてもらったので2時間ほどで洗濯完了!結構簡単で助かります。これでひとまず着るものを確保!

 

そして、大学のクラスがモーニングクラスに決定しました。8:30スタートと若干早いけど、終わるのも早いので、時間を有効活用できそうです。

 

 

そして今回、授業後の空いた時間を使いまして…

 

f:id:azumikanon:20160921104946j:plain

ついに行ってきました!!

 

ダウンタウン!!

 

いや〜、初日エージェントさんの車で訪れてからというものの街の美しさと品揃えの良さに感動して、行ってみたかった場所なので感慨深いです。久々にワクワクしながらの街歩きです!

 

まずはビクトリア大学からバスに乗ります。一番早いルートで行くバスがあったので、それを待っていたのですが、途中で同じダウンタウン行きの別のバスが来たので最後尾並び直してそれに乗りました。

 

バスに乗り込むとある疑問が頭をよぎります。

 

「これってどうやって止まるバス停がわかるんだろ?」

 

バス停をバスの中から見ることは辛うじてできます。しかし、場所によってはものすごくわかりにくくて、バス停を見て停車ボタンを押すのには少々無理があります。視力には自信のある私でも見過ごしてしまいそうなくらいわかりづらいんです。初日に道の端の赤いラインがあるところがバス停だという説明受けたのですが、大体が赤い塗装が剥がれてわかりにくい状況でした。

 

しばらく乗っていると…

何やらどこかしらから女性のアナウンスが。聞き耳を立ててみると…

 

 

そうでした。そのアナウンスは次に止まるバス停のある通りや街道の名前を言っていました。

 

しかし…

 

早くて聞き取りにくい!!!

 

その上車内がガタガタと大きな音を立てて揺れるもんですから何か囁いているくらいにしか聞こえません。

そしてそのアナウンスのタイミングが遅い!アナウンスの後、その停留所はすぐに過ぎていきます。

ですので乗っていた方は大方自分の降りる駅の前の駅のアナウンス流れた時点で停車ボタンを押していました。

 

とんだ初見殺しでした。

 

けっか私はダウンタウンへ着く前の駅で降りてしまい、かなりの距離を歩いて街中心部へ行きました。(というかダウンタウン行きのバスなのだから、終点まで乗っていれば良かっただけのことでした)

 

初めてビクトリアのバスに乗る方は乗る路線と降りる停留所がわかっているからといって油断しないようにしましょう

 

そしていよいよダウンタウンへ!以前道に迷って以来持ち歩いている地図を頼り、まずはビクトリアにあるという、お世話になっている留学エージェントさんのオフィスへ挨拶しに行きます。

 

オフィスは、街の小さな雑居ビル(と言えるかは分からないけど)にありました。

 

中では、日本語で話すエージェントさんが数人、お仕事をしていました。

 

早速名前を伝えると、留学前メールでお世話になっていたエージェントさんに会えました!結構テンションが高くて話しやすい方でした。とりあえずいろいろと近況を伝えました。なぜか関西の方である率が異様に高い!!

 

そしてなぜか知らないけど私が以前道に迷ったことを知っていた!

 

そして話は学校の冬休み中の旅行についての話題に。なんでもそのエージェントさんは、国内外の旅行も取り扱っているのだとか。

 

旅行に行ってもいいなら日本に一旦帰ってもいいのでは?(今まで学生ビザの関係で帰国はできないものだと思ってました。)と聞くと「いいよ」と。

 

別にビザは全く関係ないようです。と、いうことでこの冬日本に一旦帰ることを検討しています!

 

積もる話も終え、日本行きの飛行機代の見積もりを出してもらいこの日はとりあえず退散。またダウンタウンに来たら寄りますと。日本語の通じるうえ、いろんなサービスを引き受けてくださるちょっとしたオアシスです。

 

f:id:azumikanon:20160921105008j:plain

 

その次は本日の本命「ベイセンター」へ!

 

一応エージェントのオフィスと同じ通りにあるのですが、右か左かまた迷う・・・。

 

何はともあれ到着、早速お目当のジャケットを探す。

あ、これなんかかっこいいかな・・・何て思ってちらりと見てみたら・・・

 

高っっ!!!!!!!!!????????

 

2〜300ドルは当たり前、安いやつでも198ドルとかなりの高プライスです!

ドルだから安く見えるでしょう。

 

でも、ゼロを二つつけてみてください。

 

それがだいたい日本円に直した値段です。

(円高の影響で、一ドルが79〜80円くらいですが)

 

日本でのショッピングではコートに5000円、6000円でも高いなと感じますが、カナダでその値段を提示されたら思わず「安い!!」と買ってしまうかもしれません。

 

「大きいショッピングモールだよ」と言われていたので、日本の「イオンタウン」くらいの気持ちで来たのですがとんでもない!!

 

一応普通の値段で服を買えるお店もありましたがそれでも日本よりも割高に感じました。

 

カナダで新品を買うとなったらこれくらいの値段が普通なのでしょうか。

 

結局その日は何も買えず・・・

帰るのは忍びないので、ベイセンターにあったスターバックスに一人お茶をしようと立ち寄ります。

 

カップに名前を書いてもらい、しばらくすると・・・

 

頼んでない何かあったかいお菓子を渡されました。「サービスかな?」とわけがわからず受け取ると、店員さんが別の人の名前で私を呼びました。

 

「あ、これ違う人のお菓子?」

 

と、店員さんに返しました。

しばらくするとまた違う人の名前で呼ばれ、わけがわからず突っ立っていると違う人が受け取りに来ました。

 

どうやらスターバックスではちゃんとカップに人の名前を書いて、その人の名前をよんで注文したものを渡すそうです。

 

そういえば日本のスターバックスでもなんか書いていたなー(だいたいが落書きですが)なんて思っていましたが、それにはそういう意味があったのかと納得。

 

で、やっときたカップを受け取り名前を確認すると・・・・

 

ちょっと間違えられていました。

 

私の発音がどうも聞き取り辛かったみたいだったのです。無理もありません。

 

「発音を鍛えなきゃな。」

 

と、今後の課題を見出すことができました。これ以外にも結構一回で理解されず聞き返されることが多かったので。

 

飲みきって、あとはバスで帰ります。また降りる駅を間違え早く降りてしまいました。が、大した距離ではないので歩いてお家まで帰ります。

 

大学への通学路といい何かと歩くことの多いカナダでの生活、これがダイエットに反映されればなと淡い期待を抱いています。

 

以上が、初めての一人ダウンタウン小旅行でした。

 

あと、どのタイミングで行ったか忘れたのですが、ダウンタウン周回中の途中にとてもかわいい雑貨屋を見かけたので思わず立ち寄りました。

 

面白い靴下を見つけたので、使い勝手もいいし値段はちょいと割高でしたがお土産にと購入。かわいい女の子のイラストと結構前に流行ったフリーのホラーゲーム「Ib」に出てくる壁や床に描かれる文字にフォントが似ていた(わかるかな?)のが良かったです。

f:id:azumikanon:20160921104923j:plain

 

 

 

 



span.author.vcard{ display:none; }