読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KANACANADA

9月中旬から半年間カナダへ留学するプロのイラストレーター志望のkanonの体験記(メモ書き)ブログ。

ホストファミリー突然の渡航、そしてブッチャードガーデン観光

CANADALIFE

長らくお待たせして申し訳ありませんでした。前回の続きを更新させていただきます。

 さて前回はカレーを作りすぎて余らせてしまいましたが、まだホストファミリーは帰ってきていません。

 

その週末は「ブッチャードガーデン」というヴィクトリアの観光名所へ行ってきました。

最近できた日本人の友達にせがまれて、「せっかくだし」と予約した大学の用意したアクティビティがこのブッチャードガーデン観光だったのです。

 

その日の集合時間がお昼くらいだったので、朝はのんびりと起床しお勉強。

 

と、ホストファミリーの飼い猫さんがお勉強の邪魔をしてきます。どうやら教科書の上が気に入ったようです。

 

ついに猫ちゃんに邪魔された〜〜〜!!!!!嬉しい〜〜!!

 

と勉強そっちのけで構い倒しました。

f:id:azumikanon:20161010040241j:plain

 

と、そうこうしていたら案の定遅刻。

 

遊びで遅刻するとは何事かと集合場所をなんとか探し当て、ギリギリでバスに乗り込みます。

 

その間、その日本人の友達が私が来ていないことをスタッフに伝えてくれたそうなのです。ありがとう・・・

 

その子はなんと私の分の弁当まで買って待っていてくれました。さすがにこれにはびっくりしたけど、色々やってくれたこと、感謝しています。

 

バスに揺られることだいたい30分くらい、ついにブッチャードガーデンへ到着。

f:id:azumikanon:20161010041009j:plain

そこに着く際、最初に私が見たのは、広大な土地に広がる畑でした。

花が植えられた畑なので、花畑といえば聞こえはいいのですがそんなものではなく、ただの畑に花が植えられている感じです。ですので過度な期待はしていませんでした。

 

しかし、実際見てみると・・・・

f:id:azumikanon:20161010041521j:plain

 

f:id:azumikanon:20161114111259j:plain

f:id:azumikanon:20161114111412j:plain

めっちゃ凄いじゃないですか!!

 

広大な土地に古き良きヨーロッパ風の世界が広がります。

 

私は先ほどバスを止めていてくれた子と一緒に行動しました。普段一人行動ばかりしているせいもあり、なんだか慣れない感じがしました。

 

予約の時にめちゃくちゃ広いから、歩きやすい靴で来てくださいと言われていましたが、道さえわかれば大したことないような広さのように感じました。

 

しかしこの広さにこんなに多種多様の花が植えられているのは圧巻でした。

 

花だけでなく、ガーデンを取り囲む森も、まるでゲームやおとぎ話にでてくるような森みたいで興奮!

f:id:azumikanon:20161114111203j:plain

 

 

ブッチャードガーデンでは園内をうろつき花を見るだけではなく時期によっては、花火を見れたり、すぐそばの湖で船に乗ったりできるそうですが、今回はあまり時間がなかったので省略しました。

 

Japanese garden 日本庭園と呼ばれているガーデンも拝見。

f:id:azumikanon:20161114110941j:plain

f:id:azumikanon:20161114110817j:plain

そこはかなりクオリティが高く本当に日本の京都のあたりを歩いているような気分になりました。

 

一通り見て回り、ヨーロッパ建築の世界へ戻りました。

 

少し気になるアイスがあったので試して見ました。

 

薔薇とチョコレートのジェラートです!!

 

f:id:azumikanon:20161114110527j:plain

味は思ったよりも普通な感じでした。バラの風味がほんのりあるバニラアイスみたいなジェラートとパリパリのチョコレート、結構美味しかったです。

 しかしその日は寒く、アイスよりもあったかいものにすればよかったなと思いました。

 

 その後お土産屋を散策。取り敢えずまた来ようと思ったので、今回はお土産はいらないかなーなんて思っていたら、素敵なバラのブローチを発見!

f:id:azumikanon:20161114110334j:plain

 

 

日本ではなかなか見かけなかったデザインなのもあって即購入!日本にいる母親へのお土産にしたいとも思い2本買いました。

 

再びスクールバスに乗り込み、大学で解散し帰宅。

 

楽しかったけど、やはり歩き回ったのが結構運動だったみたいで疲れました。

 

そして今度はちゃんとした一眼レフを持って再挑戦しようと心に誓ったのでした。

 

帰ってきてカレーを見てみると・・・

f:id:azumikanon:20161114110201j:plain

!!なんと息子さんが食べてくれてた!!

美味しかったよとメッセージを残してくれたのがとても嬉しかったです。しかし、今度はもっと美味しく作らなくては・・・

 

そしてその二日後、ようやくホストファミリーが帰って来ました!

 

再開は割とあっさりしていたのを覚えています。

危篤のお父さんに会いに行っていたということもあり、どう声をかけていいのかわからないということもあって、本当にあっさりしていました。

 

そしてまた普段通りの生活が始まりました。しかしお父さんのことがまだ心配です…。

span.author.vcard{ display:none; }