読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KANACANADA

9月中旬から半年間カナダへ留学するプロのイラストレーター志望のkanonの体験記(メモ書き)ブログ。

安く行こうぜ、クロネコヤマトの海外配送

CANADALIFE

こんにちは、冬休みも迫ってきて予定を立てては浮かれているkanonです。

今回は海外発送についての記事です。

 

これいいな、あ、これもと、カナダの珍しいものを見るたび買ってしまって早3ヶ月、あっという間に物が増え、部屋がごちゃっとしてきたところ、中には10月、11月誕生日の母親や妹に送ろうと思って買ったプレゼントまで埋もれてしまっています。

 

カナダに来る際に持ってきた夏服も一応パッキングはしたのですが、段ボール一個分と、飛行機で日本に持ち帰るにはかなり辛い量になってきましたので、荷物を一旦日本に送ってしまう方法を考えました!

 

荷物を送る、ということに関して以前から聞いていたのがカナダの郵便会社「Canadapost」の存在です。

 

値段表を見に行ったり、郵送の仕方を見に行ったり、モノ郵送専用のパッケージを買ったりと、念入りに下見を繰り返して、とりあえず試しに母への誕生日プレゼントを送ってしまおうと、近場のCanadapostのお店に行ってきました。

 

難しい英語での説明に圧倒されながらなんとか送ったのですが、送料が大体60ドル、到着が大体2~3ヶ月後と。

 

結局私は店員さんのお勧めしてくれたこのプランで送りました。

なぜなら、これが一番安いプランだから。

 

5~7日で届くプランもありましたが、それは116ドルくらいとかなり高かったのです。

 

こんなプレゼント程度のちょっとしたものを送るのにこの値段を取られるの!?

しかも、割と届くのも遅いし!!

 

送るまでの手続きは、中に入っている荷物の内容、荷物を買った値段の申告など意外と面倒くさかったのを覚えています。

 

飛行機や船で世界が繋がっている時代なのに、なんでこんなに面倒くさいことしなきゃいけない上にお金がかかるんだろうとあっけにとられてしまいました。

 

だけど、ここで引き下がるわけにはいかない!!絶対もっと安く行ける方法があるはず!!と謎の自信を根拠に私はリサーチを重ね、ついにとある掲示板でカナダポストよりも安く日本に荷物を送る方法を発見しました。

 

クロネコヤマトです!!

www.yamatoamerica.com

 

このクロネコヤマトは北米方面(主にアメリカ、カナダなど)に常駐しています。

カナダでは、バンクーバーにあるそうです。

 

中でも私は専用の箱を買って、その箱の中に詰める荷物の重さが25kgまでなら一定料金で送れる(中身の内容が合計50ドル以上だと全体の15%の関税がかかります。)

「詰め放題パック」

に目をつけました。

 

しかし、わざわざよく分からないバンクーバーまで行って箱を買って配送を依頼するのも・・・・

と思いましたが、わざわざバンクーバーまで行かなくても、利用できる方法があるのだそうです。

 

それは、送りたい荷物を一旦Canadapostでクロネコヤマトに送って、さらにそこからクロネコヤマトの国際郵便(詰め放題パックとは違う方法です)で送ってしまうという方法です。

 

(今回、私は夏服を送ってしまおうと、10キロほどのダンボールの荷物で見積もりを出しました。以降は、その見積もりの値段を参考にしています。)

 

結果は、Canadapost一本で行くよりも、クロネコヤマトとCanadapostで行った場合の方が断然安くなりました。

 

というのもCanadapostはカナダ国内への配送となると別人(?)のようにコロっと安くなるからです。(と言ってもビクトリアもバンクーバーも同じ州なので他のところからだとよくわかりませんが。)

 

こうしてクロネコヤマトとCanadapostの併用を採用することにしました。

 

とりあえずネットで聞いた噂だからとクロネコヤマトにその真相を直接問い合わせてみました。もちろん日本語での対応ができます。

 

すると、

 

できますよ。と。

 

ただし送り状をダウンロードして、それを一旦クロネコヤマトに送る必要があるそうです。

 

え、嘘!!やったーと喜ぶのもつかの間、その時の職員さんはもっと重要なことを教えてくれました。

 

でも、ビクトリアなら「Brand New Way」というエージェントで詰め放題パックを扱っていますよ。

と。

www.bnwjp.com

!!!!!?????

ここにきていきなり本命の登場です。もしこれが可能なら、正直この国際郵便よりも安くすることができます。

 

そのエージェントはダウンタウンのベイセンター前にありました。

実際に行って早速問い合わせてみたら・・・・

 

売ってた!!!!

 

私実は別のエージェントさんにお世話になっているんですけど売ってくれますかね?と聞いてみたら、もちろんいいですよ!と快く詰め放題パックを売ってくれました。

 

なんでも、このようにエージェントのサービスに加入してなくても受けれるサービスが結構あるのだとか。

 

とりあえず今回は試しに妹へプレゼントを贈ろうとSサイズの箱を3ドルで購入しました。

f:id:azumikanon:20161125103458j:plain

 

私のリュックと比べるとサイズはこんな感じです。

帰って早速荷詰めをすると思ったよりも入ります。妹へのプレゼントと叔母へのお土産(これは日本で送ってもらおうと思っています)をまとめて詰め込みました。

 

肝心のパッキングテープ(カナダでガムテープを見たことがないので)がなかったのでそれは後日購入するとして、ようやく荷物問題を解決させることができたと、その日はとても気分良く過ごすことができました。

 

あまり知られていないかもしれませんが、この方法は個人的にはめっちゃおすすめしたいです!

 

国際配送は高くつきます。気をつけましょう。f:id:azumikanon:20161125100436j:plain

↑ホストファミリーの飼い猫もついでに送ってしまおうかな・・・・

span.author.vcard{ display:none; }