読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KANACANADA

9月中旬から半年間カナダへ留学するプロのイラストレーター志望のkanonの体験記(メモ書き)ブログ。

逆輸入!mallteilでお買い物

CANADALIFE

喉の痛みも引き完治も目前!のkanonです。

 

今日は、先日2週間ほど前に日本のアマゾンで注文した荷物が届いたので、そのあらましについて書こうと思います。

f:id:azumikanon:20161210060012j:plain

 

今回利用したのはMall teilという海外転送サービス!!

偶然ネットのバナー広告に出ているのを発見して良さそうだったので使ってみました。

jp.malltail.com

 

これは本来、海外の通販でしか買えない品、海外で買った方が安く手に入る品を日本で買うときに使うサービスらしいのですが、この逆もできるため、今回は日本で買った品をカナダに転送してもらうという方法で使ってみました。

 

これはアマゾンで買った品を一度日本のうちに送ってから転送してもらうよりもずっと安くつくそうなんです。

 

使い方はこんな感じ

 

➀まずアカウントを作って、アカウント専用の住所を取得します!

 

➁次に取得した住所に通販で買ったものを送ります。(今回興味があったのでアマゾンプライムの当日配送サービスを利用しました、ここが早ければ早いほど早く着きます。)

 

 

➂荷物が届く前に、Mallteilサイト上で荷物の詳細を書く必要がある(通関の際に必要なんです)ので、なるべくすべて埋めるようにして書きます。ここが一番めんどくさいです。

 

➃あとは荷物が届くのを待って。

 

➄届いたら、カナダ国内でかかった運送量を(クレカでも払えます)着払いして受け取ります。

 

以上です。

 

親に頼んで転送してもらうよりも自分でする手続きが多くて面倒臭いのですが、こっちの方が断然安くつきます。

 

この手のサービスは、モールテールの他にも色々あるそうなので、状況に合わせて試してみるというのも手です。

 

もし、ホームステイで通販しづらいときは、誰か代わりに荷物を一時的に受け取ってくれる当てがあるといいと思います。(前回書いたBrand new wayさんなんかも荷物の一時受け取りをやっているそうです)

 

カナダでは小包は受け取りの際に不在だと近くの郵便局に転送されて、自分で荷物を取りに行かなきゃならないそうです。面倒くさいですが、受け取りのチャンスは一回ということです。

 

しかしこれも他よりは安いとはいえ、日本でやっていたように何度もなんども利用できるような値段ではないので、一回の買い物は十分考えてやる必要があります。そこのところは気をつけてくださいね。

 

ちなみに今回買ったのは渡航時に買い忘れた口内炎の薬と目薬、置き忘れたリンスインシャンプーの詰め替え、あとは私的に欲しかった本を2冊。

 

一万は超えませんでしたが、運送料と元々の値段を合わせてもちょっと高かったです。

 

余談ですが、今回は文面黒一色でやってみました。黒一色の文面でもサマになっているブログを結構見かけるので真似してみました。黒一色だといちいち色を変える手間がなくてめっちゃ楽!!

今後は黒一色の似合うブログを心がけていきたいと思います!

 

span.author.vcard{ display:none; }