KANACANADA

昨年9月からの8ヶ月間カナダに行ってきた、プロのイラストレーター志望のブログ。

イエローナイフ!!

こんにちは、まだ咳のひかないkanonです。

ですが今回咳がまだひいていないにも関わらず・・・・

 

行ってきました!!イエローナイフ!!

 

と言ってもまだ滞在している最中です!

 

今まで急いで風邪を治そうとしていたのもこのためなのですが、結局咳だけがどうしても治らず、そのまま行くことに。

 

イエローナイフはカナダの北西部にあるオーロラの名所です。世界で一番オーロラが見える場所として有名で、3日間のオーロラ鑑賞率は95%!がうたい文句になっている観光名所です。そして、北極に近い極寒の地でもあります。

 

さらにダイヤモンドの発掘で栄えた町でもあるそうです。さすがにダイヤモンドは高いのでお土産にはできそうにありませんが・・・

今回は一人旅です!(友達がみんな帰国してしまうので誘える相手がいなかったというのもありますが・・・)

 

初日の飛行機は大変でした。朝ギリギリに家を出て、ギリギリで乗りました・・・

英語を勉強しているにも関わらず、会話となるとからっきしのkanonに隣に座ったカナダ人のおばさんがいろいろ教えてくれました。本当に助かりました。

 

カナダの方は本当によく気が利いて優しいなと、この時久々に思い出しました。

最近はもう自分の力でなんとかなるくらいにはビクトリアの生活に慣れてきているのでビクトリアに来た最初の頃のこういう感覚を忘れつつあったので・・・

 

途中お水を持ってき忘れたこともあって、飛行機内で脱水症状を起こしてしまい、フライトアテンダントさんに助けられ、ちょうどトイレと近かったちょっとグレードの高い席(空いていました)で休むことができました。

飛行機内は乾燥するのでこまめにお水を取らないといけませんね。

 

さてなんやかんやで現地に到着して早速ホテルへ。今回はあまり贅沢ができなかったので、用意されていたプランの中で一番安いホテルを選びました。

 

階段はなく、ところどころ古いまるで合宿所みたいなホテルです。しかし、中は暖かくベットもちゃんとしています。

 

しかし、結構細かい不満もあったので、次回からは高くてもホテルはちゃんと選んだ方がいいなと思い知らされました。

 

その日の夜オーロラの鑑賞へ行きました。

日本人のツアーと聞いていたのですが、その日は日本人が少なく、中国人、韓国人ツアーと合同でした。結局ガイドさんも中国人の方で、英語のツアーになりました。

 

日本人はこの時期はみんな働いていますもんね。

 

しかし、オーロラ鑑賞は快適そのもの。

f:id:azumikanon:20161216073938j:plain

ツアーで用意された防寒具を身にまとい、(夜はスキーの防寒具でも全く通用しない寒さなんだそうです)。基本は暖かなロッジでくつろぎ、オーロラが出て来た時だけ外に出て鑑賞したり、写真を撮る。こんな感じです。

待っている間、寒さに晒されたせいかケータイの充電の減りが早く、ちょっと退屈でした。Wifiも通じないので、何か暇つぶしできるものを用意する必要がありますね。

 

そして肝心のオーロラですが・・・・

 

f:id:azumikanon:20161216074023j:plain

f:id:azumikanon:20161216074054j:plain

ちょっとだけですが撮れました!!

 

というのも、この日のオーロラは肉眼では白い薄雲にしか見えないような小規模なものだったんです。うっすら緑色に色づいているかいないかのようなこれがその日のオーロラです。

心霊写真と同じです。肉眼では見えないけど、写真にしてみたら・・・・

一応写真は撮れたのですが、どうせならもっと大規模なものがみたい!!

と、残りの二日に期待をかけるkanonでした。

 

span.author.vcard{ display:none; }