KANACANADA

昨年9月からの8ヶ月間カナダに行ってきた、プロのイラストレーター志望のブログ。

オーロラ観測隊最終日!

こんばんわ。3日間の鑑賞もこの日が最終日。果たして今日はオーロラが見えるのでしょうか・・・?(もうビクトリアに帰っていますが・・・)

 

この日は、ダウンタウンから車で40分の場所にあるロッジでの鑑賞。今夜も人数の関係で日本人オンリーのグループ。先日仲良くなった人と、新しくイエローナイフに来た人も含めて和気あいあいとした感じです。

 

その日は、イエローナイフからエドモントンをつなぐ1600kmにも及ぶ道路を通ってきました。この道路から、イエローナイフに貴重な物資が運ばれてくるのです。(空路もあるでしょうけど)

その道を通り、イエローナイフの苦労の歴史に思いを馳せます・・・。

まだ車やスノーモービルがなかった時代、イエローナイフの交通手段といえば犬ぞりでした。この1600キロを走り、生活に必要な物資を運んだのでしょうか・・・、よく人が住めたなと改めて感心させられます。

 

さてようやくロッジにつきました。今回はいい写真が撮れなかったので全容は載せれませんが、2重扉のまるで別荘とも呼べるような作りのロッジでした。

 

ですが、寒さゆえ電源設備がうまくいかず、しばらくはストーブ代わりにもなるランタンを灯します。これが以外と暖かく、部屋がすぐに温まりました。

 

ロッジのそばの凍った湖が今回の観測場所です。

 

早速外に出てみると・・・

出ました!オーロラです!

空に長いラインを描くオーロラがうっすらと現れました。ガイドさん曰くこれは強い光を持つオーロラになりやすいとのこと、期待大ですね!

f:id:azumikanon:20161219161215j:plain

寒さも忘れしばらくオーロラ鑑賞をしていると・・・だんだん色が濃くなってきました。

f:id:azumikanon:20161219161440j:plain

オーロラの光が砂時計のように低い位置にこぼれ落ち、今度はなんと・・・

月の下で強く輝きます!!

f:id:azumikanon:20161219161337j:plain

 

 

もちろん肉眼で確認できました!色も少しですが見えます!!

今夜のオーロラは見所満載です!!

 

するとまた空の端の方が色づき・・・・

なんと空の広範囲をオーロラが覆ったではありませんか!!

f:id:azumikanon:20161219162456j:plain

 

 

これは3日間鑑賞してきて一番わかりやすく美しいオーロラでした!!

 

星の美しさもさることながら、興奮してシャッターを切りまくります!!

とても神秘的な緑の光にうっとりしつつも寒さで一旦ロッジに戻る。

また戻ってくると、私が休んでいた間も粘っていた昨日の奥さんが「ピンクのオーロラが見えた!」と嬉しそうに教えてくれました。

 

あ、その時カメラを持って来ればよかった!と自分のタイミングの悪さと防寒対策の甘さにショックを受けます。

今夜のオーロラは一時たりとも見逃せません。

今度は輪を描くような濃い緑色の光のラインが現れます。

f:id:azumikanon:20161219161954j:plain

さて空を覆う光が、だんだんツアーが終わりに差し掛かるに連れて薄くなっていきます。

f:id:azumikanon:20161219162048j:plain

この日この時間に、まるで見てもらいたいかのように現れたオーロラに感動し、そしてこのイエローナイフにオーロラを見にまた来ることを決意し、最終日の夜は更けていきました・・・。

 

そして今では薄雲を見るたびにオーロラを連想するほどその魅力に取り憑かれてしまいました。

 

ちなみに寒い外で撮っていたカメラを部屋の中に入れると結露して、しばらくピントが合わなくなります。私はそれを寒さゆえの不調かと思ったのですが、これは室内と外の寒暖差で結露が起こるだけなのだそうです。

外に置くなら置きっぱなしにしておくべきだとガイドさんに言われました。

それが怖い時は、カメラを室内に持って行く時はずっとジップロックに入れていると、結露が起こらないのだそうです。

 

結露が起こると、ピントが合うまでに結構待ちます。オーロラを見逃さないように結露対策しっかりしていきましょう。

 

そして、今回は残念ながら見れませんでしたが、「オーロラの爆発」という現象がたまに起こるそうです。これは、皆さんがよくテレビや写真で見るまさにあの感じです。

肉眼で強いオーロラが見えるそう。

 

次回行く時はこれも狙っていけたらな・・・と野望を抱いています。

 

 大沢たかおさんもイエローナイフに来てオーロラの爆発を見たそうです。昼間に訪れたMother Earth Rocksでも、ここが大沢たかおが座った席だよ。とソファーを指しローラが言っていました。

 

span.author.vcard{ display:none; }