読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KANACANADA

9月中旬から半年間カナダへ留学するプロのイラストレーター志望のkanonの体験記(メモ書き)ブログ。

趣味が呼び込む春

ARTWORK CANADALIFE

こんにちは、時差ぼけが治ったkanonです。ホームシックも落ち着き、現在は学校生活もはじまり、ようやくカナダでの平穏な生活に戻りつつあります。

 

ご心配おかけしました。

 

ホームシックが辛いのもやはり耐えたり気を紛らわしたりするなど、落ち着くのを待つしかなく、根本的な解決には至りません。(根本的な解決ってのは、じゃあ留学やめて日本に帰ればいいじゃんってことなので)

 

しかし、ホームシックが辛いのを忘れる気の紛らわせ方をすればいいじゃないと思い立ち、しばらくは絵を描いたり、カナダの観光案内を見たり、持ってきていたゲームをしたりしました。もう英語の勉強はそっちのけで。

 

ちょっと悪い気の抜き方ですが、英語なり生活なり、躍起になってもどうせ疲れるので最近はかなり気をぬくようにしています。悪気もなく日本語のサイトを見るとか・・・。

 

気張りたい時に気張ればいいや〜、でも今そんな気分じゃない・・・。と前回の期間に比べてかなりモチベーションが低いスタートとなりました。

 

ということで、帰国してからちまちまとイラストを描いていました。

f:id:azumikanon:20170116150002j:plain

 これは日本に帰る前にカナダで描いたイラストのラフを完成させた作品です。テーマが気に入っていたので、ラフのままほっとくのはもったいないかな〜と。

 

タイトルは「Hymn」

 

「賛美歌」という意味です。

 

クリスマスの前、ダウンタウン日系人教会にちょこちょこ通っていた私は、

聖歌隊」に挑戦をしていたりもしました。

 

もちろん聖歌、賛美歌の類はクリスマスによく歌う「聖しこの夜」「諸人こぞりて」(これはクリスマスソングだと思っていました)くらいしか知らないズブの素人。

 

だけど楽譜が少し読めるので、もらった楽譜の音符を必死に追って歌いました。

 

昔の歌だったせいか、「ここでそうくるか!?」(音楽の流れも流行り廃りがあるんでしょうね)という音楽の流れに戸惑いながらもだいたいは覚えることができました。

というのも、発表まであと数えるほどしか日数がなかったので、その時は急ピッチで覚える必要がありました。

 

12月に長めの風邪をひいてしまったせいで、聖歌の練習はその日の一回、結局お披露目も叶わなかったわけですが、私にとっては「こういうクリスマスの過ごし方もあるのか・・・」となかなかいい体験になりました。

 

カナダに来なければ今まで漠然とは知っていても気付けなかったことかもしれません。

 

とにかくテーマに対する思い入れが強かったので、描き込み描き込み、考え考え仕上げました。

絵の中の植物はポインセチア、やどりきとクリスマスに関連するものをイメージして描いています。

f:id:azumikanon:20170117042252j:plain

 

 この絵は「Hymn」を描いている際に、改善したいな〜と思ったところの練習に描いていました。

 

「COSMOS(合唱曲)」、「春よ来い(aiko ver.)」を聞きながらなので、卒業シーズン、春になりかけの時期を意識した作品に。

 


【合唱曲】COSMOS (歌詞付き)


春よ、来い♪~/aiko version

私は描き終わった絵からは、しばらく時間を置いてから改善点を並べるようにしています。描いている途中に改善点をあげて直すこともありますが、あまりやり過ぎるとその絵に対して自信が持てなくなってしまうので、描き切った後、しばらく悦に浸り、その後に改善点をあげます。

「ここをこうすればもっと良くなったよね、次は気をつけて」みたいな。

 

だけど今回、Hymnを描いている間にどうしても気になったことがあったので、描き終わった直後に描きました。

 

それは、「キャラクターがあんまり可愛くないんじゃない?」ということ。

 

両方のイラストのキャラクターはかなり思い入れのあるキャラクターなので、きれいに可愛く描きたい!!とは思って描いてはいるのですが、きれいと言えば違う気もするし、いまいち可愛くないような気もする。

 

「私はただ自分のこだわる部分だけ描きたくて、あまりキャラを可愛くしようとか考えてないんじゃないか、これはちょっとまずいんじゃない?」

 

ということに気づき、どういうキャラが可愛いのか、どういうメイクがきれいなのか、市場調査をしてから、とりあえず自分のやりたい要素を残しつつ可愛く描ける方法を模索して描いた作品です。

 

顔を少ない手数でビシッと決められたら可愛くなるんじゃないかという考えから、顔のディティールを減らすことを意識して描きました。とはいえまだ筆跡とかが残っています。

 

ということで、今は絵や趣味を生活の基盤にして生活しています。

何をするにおいても趣味って大切だな〜と実感したkanonでした。

 

 

 

 

 

span.author.vcard{ display:none; }