KANACANADA

昨年9月からの8ヶ月間カナダに行ってきた、プロのイラストレーター志望のブログ。

一人バンクーバートリップ

こんにちは、今回は憧れの地、バンクーバーに行ってきました!

 

バンクーバーといえばオリンピック、大都会と自然が共存し、治安もそこまで悪くない住みやすい都市!として有名です。

 

ビクトリアに帰ったら月一でバンクーバーに行きたい!

 

と、意気込んでいましたが、バンクーバーという土地をいまいち知らないため、今回はバンクーバーへの経路確認を兼ねた旅でした。

 

その日は日曜日にも関わらず6:00起床で準備をして行きました。

 

肝心の船着場へのルートだけでもバスを二回乗り継ぎ、さらに一時間半かかるからです。

 

にも関わらず、本日は日曜日。

 

特別バスの本数が少なく、結局バスに乗れたのは7:45。

最初に乗る予定だった9:00のフェリーには間に合いませんでした。

 

結局船着場に着いて一時間半待つことになり、次の11:00の船で行きました。

 

船内は揺れがほぼなく、中には食べ物屋、お土産屋などが充実していて、地上にいるのとほとんど変わらないくらい快適でした

f:id:azumikanon:20170130105344j:image

 

船酔いもせず、船に揺られること1時間40分ほど、ようやくバンクーバーの手前の港、ツワッセンへ着きました

f:id:azumikanon:20170130105425j:image

 ここまでですでに四時間かかっています。

 

そこからバスで、バンクーバーを目指します。

 

が、直接は行けないみたいで…

 

バスに揺られること40分、これまたバンクーバーの手前のブリッジポート駅(電車です!)で降ります。

f:id:azumikanon:20170130105316j:image

 

電車は乗っていれば目的地に着く感じです。細かい乗り換えなども必要ないので、目的地の地名さえわかれば簡単って感じです。

 

その代わり一駅間が長いので、その隙間をバスで埋めるって感じです。

 

さらにブリッジポート駅から電車で20分ほど、ようやくバンクーバーの有名な観光スポット、ロブソン通り到着しました!

f:id:azumikanon:20170130105215j:imagef:id:azumikanon:20170130105242j:image

 

所要時間はここまでで五時間経過しています!!

もはや旅行の規模です!!

 

さあ、早速観光だと思ったらすでに2時前、あ、まずい!!

 

この日はホストファミリーの息子さんの誕生会があるらしく、それゆえ急いで帰りたいkanonの帰りのフェリーの予定時刻が3時なのです!!

 

すぐ帰らなきゃと、来て僅か5分。

 

お茶すらする時間がなく、泣く泣く電車に乗り込み、帰ります。

 

無人運転の電車だからか、休日であろうと運行間隔が結構狭く、3分ほどで電車が来ます。

 

電車に乗って、ブリッジポート駅に着いたのがすでに3時半。

 

あ、これは間に合わない…

 

と、覚悟を決め今度はバンクーバー空港に向かいます。

飛行機はざっと100ドルほどと確かに高いですが、ビクトリアの空港まで25分で行くことができます。

更にそこからタクシーを使うなどして行けば、実質一時間半でバンクーバーからビクトリアの家まで帰ることができます。

 

しかしその日はパスポートを持っていなかったため、チケットは買うことができず、違う方法を取ることに。

 

空港のwifiを借りて調べていると…(以前もこんなこと、ありましたね。デジャブを感じました)

 

バンクーバー空港から、ビクトリアのダウンタウンまでの直通バス、「pacific coach」を見つけました。

 f:id:azumikanon:20170130105035j:image

http://www.pacificcoach.com

 

 当日券は税込51ドル(予約していればもっと安くなったかもしれません)と若干高めですが、これは一度チケットを買ってしまえば、バンクーバー空港からフェリーの港、フェリーの港からビクトリアのダウンタウンまで、難しい公共機関を一切使わず最短ルートで行くことができる直通バスです。

空港と繋がっているので、重い旅の荷物もバスに預けてしまえば一緒に目的地まで運んでくれます。

 

初見殺しのビクトリアのバスに乗らなくても、ダウンタウンへ行けてしまうので、もし観光でビクトリアに訪れる際はオススメします!!

 

 

バンクーバーからビクトリアへは、バスごとフェリーに乗り込み、バスの運転手さんに集合時間を言い渡され、その時間内はフェリーでの自由行動となります。

 

結局乗ったのが5時のフェリー、3時に乗れなかったら次は5時の同じフェリーに乗ろうと決めていたので、結局かかる時間は自分で行った場合とだいたい同じくらい。乗客の乗り降りがないので10数分は短縮できたかもしれませんが、普通にビクトリアのバスに乗れる私としては、損したっちゃ損した感じです…。

 

でもチケットを買いに並んだり、帰りのバスや混雑を回避できるという点ではいいのかもしれません。

 

帰りは集合時間にバス内に乗り込み、バスごとフェリーを降りてそのまま高速道路に入り、ダウンタウンを目指します。余計な寄り道が少ないのでありがたいです。

 

ダウンタウンからは普通にバスを使い帰ります。

 

結局経路の確認とか言って観光してくる気満々で行ったのに、本当に経路の確認だけになってしまいました!!

 

五時間もかけて行って五分しかいられないのかよ!!

 

と、やるせない気持ちです。(泣)

 

地図で見れば近く感じますが、めちゃくちゃ遠い!!

普通に泊りがけで行ったほうがいいです!!こればっかりは!!

 

以前留学エージェントを探していた時に、「ビクトリア大学の斡旋は引き受けるけどビクトリアには会社無いからバンクーバーまで来て!!」と言われたのですがとんでもない!!

 

お金も時間も労力もめちゃくちゃかかります。バンクーバーはそう簡単に行ける場所では無いので、ビクトリア留学の際はちゃんとビクトリアに会社を持っているエージェントを選んだほうがいいです。

 

カナダの国土の広さを舐めてかかっていた上での失敗でした。

 

しかしこの失敗を回避する方法も見えて来ました。

 

それは、「日曜日には行かないこと!」

 

日曜日は週のうちで公共機関の本数が最も少なくなります。せっかく早起きして準備しても、バスの時間が遅ければ意味がないからです。

 

土曜日は日曜日に比べてまだ公共機関の本数が多いほうなので、行くならせめて土曜日です!

 

それと、たとえカナダ国内からのアクセスでもパスポートは持っていたほうがいいです。

いざ飛行機で帰ろうってなった時にお金がいくらあってもパスポート等世界中で通じる身分証明書が無ければチケットを売ってもらえないからです。

 

……と、失敗の味を噛み締めながら、もっといい方法を探してリベンジを誓うkanonでした。f:id:azumikanon:20170130105139j:image

 

 

 

span.author.vcard{ display:none; }