KANACANADA

昨年9月からの8ヶ月間カナダに行ってきた、プロのイラストレーター志望のブログ。

アンダーグラウンドビクトリア

こんにちはkanonです。

寿司パーティの次の日、私はいつものjapanese churchの礼拝に向かおうと、少し早めに家を出てダウンタウンにいました。

未だにキリスト教徒にはなっていない私ですが、面白い聖書の話と、気兼ねなく日本語で喋れる空間、ということで私の心のよりどころになっている場所です。

 

と、その前にランチをキチンとしたレストランで食べてやろうとレストランを探します。いつもは時間がなくて、フードコートやファストフードで済ましてしまうのです。

 

海辺をぶらぶらしていると街の外れの方に来ました。さらにぶらぶらしてると・・

f:id:azumikanon:20170308124025j:plain

 

おや?いい廃墟(?)発見!!

実は廃墟好きで、写真を見るのも撮るのも大好きなkanonです。

f:id:azumikanon:20170308125400j:plain

以前もこんな写真を撮っていました。

thought-portfolio

ビクトリアにいい廃墟ないかな・・・と常々考えていました。

朽ちた看板の文字、壁の質感に惹かれしばらくその建物の周りをウロウロしていると・・・

f:id:azumikanon:20170308124322j:plain

 

あれれ〜?壁に落書きが書いてあるよ〜?

 

さすが本場の落書きです、カラーセンスもデザインもなかなかクールです!!

建物と建物の隙間に落書きストリートが広がっていました。

壁の朽ち感に俄然そそられます。

 

が、その近くを見てみるとホームレスのたまり場みたいなのがありました。

別に彼らに何かされたわけではないのですが、この壁の落書きといいビクトリア市内でもあまり治安が良い場所ではないのではないでしょうか?

 

知らず知らずのうちにアンダーグラウンドな世界に引きずり込まれていたのです。

 

その時は言葉も通じないため怖くて、そこから先には行けませんでした。

 

しかしその近くから、大きな橋があったので、この建物の全貌をあの橋から見てやろう!とその辺りを通り過ぎ、橋へ向かいました。

f:id:azumikanon:20170308125629j:plain

f:id:azumikanon:20170308125713j:plain

f:id:azumikanon:20170308130013j:plain

廃墟ではないのですが、サビ感とカラーセンスのいい落書きがまた素敵です。

構造からして跳ね橋でしょうか?いつ跳ねないものかと恐る恐る渡ります。

橋から見渡してみると・・・

先程気になってた建物の全貌が明らかになりました!!

 

ええっ!!!なんかすごい黄緑な落書きがある!!

そして本当に廃墟だ!!

隣のホテルの壁画も見事です。

「よし、人いないし行こう!!」

(本当なら危ないので人がいないところにこそ行っちゃいけないのです。お互いに気をつけなければいけません)

f:id:azumikanon:20170308125901j:plain

 

と全貌が分かったのですが、とりあえず橋の先がきになるので橋を渡ってしまいます。

 

ついたのはダウンタウンの隣、「Esquimalt(エスキマルト)」という地域。

 

華やかなダウンタウンとは違い、こちらは少しさびれた住宅街といった印象。

 

印象がガラッと変わり少し怖かったのですが、「このさびれ感がいいんです!」と先に進むと面白いものが見えました。

f:id:azumikanon:20170308130822j:plain

造船所でしょうか、それとも船の修理工場でしょうか?

船がたくさんある場所にたどり着きました。

しばらく歩き船を見学します。中には入れませんでした。

f:id:azumikanon:20170308131008j:plain

提灯みたいなものが付いていて、ちょっと和風というか中華風な感じがする船です。

f:id:azumikanon:20170308131121j:plain

サビサビのディティールがかっこいい船です!!是非カメラを持ってきて撮りたい船でした!!

 

ざっと歩いてから橋を渡ってダウンタウンに戻り、先ほどの場所を目指します。

 

誰も見てないのを確認してから落書きストリートに入ります。

 

いざという時は何も知らないで迷い込んだ観光客のふりをしよう!!

という意気込みで、恐々と・・・・

f:id:azumikanon:20170308131459j:plain

きました!!小さなドアを発見です!!

しかもこれまた可愛い落書きが施されていて素敵です。

落書きの上にさらに落書きが重なり、時間をかけてできたかのような美しいディティールが魅力的です。

 

さすがに開けるまでの勇気はなかったのですが、もし入れるなら是非入ってみたいですね。

 

落書きストリートを抜け、先ほど橋から見た黄緑色の落書きを拝見しに行きます。

f:id:azumikanon:20170308131930j:plain

 

壁の石造りの古めかしさ、曲がっているランプといい、もう正真正銘の廃墟って感じです!!黄緑色の落書きはおそらく人の手の届く限りの場所に目一杯書かれています。

 

ここは一体何の建物だったのか、もしかしたら悪い人の根城になっているんじゃないか、と恐る恐る探索を進めていきます。

f:id:azumikanon:20170308132232j:plain

ipadで撮った割には結構綺麗な撮れ方です。この窓も開くんでしょうか?

石造りの壁が美しいです。

f:id:azumikanon:20170308132450j:plain

隣の建物(落書きストリートのもう一つの壁)にも落書きが施されています。こちらは煙突付き。先ほどの小さなドアは、この建物のものです。

 

ビクトリアの廃墟を見れた!!という嬉しさと、恐怖心、スリルも相まってなかなかいい旅でした。

 

肝心の昼食ですが、この近くのカレー屋さんでインドカレーを食べました。

f:id:azumikanon:20170308133448j:plain

本格的でとても美味しかったのですが、カレーとご飯は別料金、若干高めです。

少しカレーをかけた後ですが、ちゃんと出てくるご飯は真っ白ですよ。

(デザートは間違えてつけちゃいました。多分この値段もあるかもです。)

f:id:azumikanon:20170308133214j:plain

www.newasianvillage.com

値段は少し高めですが、ビクトリアでインドカレーが食べたくなったら是非来てみてください!

 

span.author.vcard{ display:none; }